企業案内

社会責任
現在地:企業案内 >社会責任

社会責任承諾書


科森科技株式会社(以下「弊社」と呼ぶ)は国家労働、健康安全法律、強制基準及び関連適用の国際条約を遵守し、国際公認の労働基準及びその他適用する業界標準と国際条約を遵守する為、仕事条件と社員福祉の改善を引き続き行い、共同に下記条目を遵守します:


1.強制労働
弊社は強制的、弁済或は契約で束縛された社員、或は非自発的の刑務員を雇いません。全ての仕事は自発的であると共に、社員は合理的に通知した情況下で自由に退職できる権利を持っています。社員に身分証明書、パスポート或は仕事許可証を上納する事を雇用の条件にしません。

2.年少労働者及び未成年労働者政策
弊社はいかなる段階でも年少労働者の雇用は厳禁します。「年少労働者」とは、16歳未満で、強制教育年齢或はその国/地域の最低雇用年齢を満たしなく雇用される人を指します。全ての法律法規に適合する合法的職場見習い計画はその対象に含まれません。18歳未満への未成年者に対し、弊社は職業危害の作業及び体力労働を手配しなく、殘業及び夜勤をさせません。
 
3.労働時間
関連商業実踐の研究によると、生産性の低下、離職率及び損傷と疾患の増加は労働者の疲れと明らかな関係があります。その為、弊社は現地法律規定の仕事時間の最大限度を超えません。

4.給料と福祉
弊社が社員に支払う給料は現地の最低賃金基準、殘業時間と法定福祉法によって支払ます。現地法律の規定に基づいて、社員の残業代は通常仕事時間の毎時間給料より高く支払べきです。規律処分の手段として給料を控除する事は禁止します。タイムリー的に給料明細或は類似ファイルを給料支払根拠として社員に渡すべきです。

5.人道的待遇
弊社は殘虐的或は非人道的に社員と接しません。それにはいかなる形式のセクハラ、性的虐待、体罰、精神或は身体圧迫或は口頭漫罵が含まれます;脅威形式のいかなる行為も禁止します。

6.差別禁止
弊社は社員に嫌がらせ及び不法差別がない事を約束します。人種、肌色、年齢、性別、性傾向、種族、障害、妊娠、信仰、政治派閥、社団メンバー或は婚姻状況などの雇用及び実際仕事(例えば昇進、奨励と育成訓練など)で社員を差別しません。また、強制的に社員と準社員に差別性がある医学検査(例えば妊娠検査及びB型肝炎など)を行ってはいけなく、妊娠及びB型肝炎などの非法定伝染病を理由に社員採用を拒否してはいけません。

7.自由結社
弊社社員と管理層間の公開直接な疎通は仕事場問題と賠償問題を解決する最も有効な方法であります。社員の現地法律に基づいた自由結社、労働組合の参加或は不参加、代表選出、労働組合参加などの権利を尊重します。社員は報復、脅威及び嫌がらせを心配しない情況下で、公開的に仕事条件に関して管理層と疎通すべきです。


8.告発と秘密厳守
基本的な社員政策のほかに、私達は常に社員意見を重視し、全ての社員が十分に才能を発揮できる空間を提供できるように努力します。弊社の任意社員はいつでも会社に個人権益、福祉、管理及び作業環境面での意見提出が可能です。会社には秘密厳守の義務あると同時に、告発により告発当事者に報復するなどの行動を絶対に禁止して、且つ当告発当事者が会社での正常な出世昇給などに影響を与えてはいけません。

9.私達は公平競争を約束し、いかなる形の腐敗行為も許しません。私達は結社自由、知的財産権保護、誠実経営、透明公開を提唱します。