R&D&クオリティ

研究開発革新
現在地:R&D·クオリティ >研究開発革新

  弊社は多くの自主知的所有権革新技術を所有し、各種技術は国内でトップ、国際で先進レベルに達しています。高効率の成果転化メカニズムは会社の持続発展の為に強い経済基礎を提供しています。

会社は自主的開発を中心にしている同時に、ユーザーと部門、関連技術部門、技術協力部門と国内外科学研究所などとの技術とプロジェクト協力の展開を非常に重視して、有効的に当業界の社会的優位資源を統合し会社の技術革新の為にサービスを提供して、各界の智慧にフォーカスして、共同発展を探求しています。ここ数年、弊社は国内の有名大学と産学研協力を展開し、産学研協力は既に会社の技術的進歩であり、技術革新の重要なルートであり、知識が収益に転化する1種有効なルートであります。
更に、弊社は其々省内多くの高校と良好な協力関係を構築し、共同に「科森クラス」人材育成基地を建設し、技能型人材育成を展開して、当プロジェクトは既に会社の為に合計百名余の技術人材を育成しました。

会社は完全な研究開発革新システムと激励メカニズムを構築し、一連の管理規範を制定及び実施して、強力なリーダーシップチームを配備及び充実し、階段式の人材育成体制を形成すると共に、“人間を基ぎ”同時に開発人員に良い給料福祉と発展へ提供する。

外部吸収と内部発掘育成の結合を通じて、会社は既に多くの若く且つ創造精神と実務的精神が満ちた研究開発チームを構築して、チームメンバーは普遍的に高学歴を持っていると共に、非常に高い専門分野の基礎と豊富な製品開発経験を持って、新製品革新でニューズを創造し、会社の発展の為に堅実な技術基礎を築きました。

会社の研究開発センターが設立以来、毎年新製品研究開発に投資している費用は年々増加している為、全体の研究開発能力も日々向上しています:

2012年     昆山市研究開発機構に認定

同年     蘇州市級工事技術研究開発センターに認定

2013年     省級工程技術研究センターに認定、
        
      「江蘇省研究生ワークステーション」を建設

2014年   省級企業技術センターに指定

同年     省重点企業研究開発機構に指定。